自己実現を目指して

最も本質的な自信である「根拠のない自信」をつけるための方法

根拠のない自信

「自分にもっと自信が持てたら…」

 

と思っているあなたへ。

今回は少しでも自分に自信を持てるための方法をお伝えしていきます。

自信というのは本来、細かい成功体験を積み上げていくことで「自分でもやれるかもしれない、できるかもしれない」と思うことで生まれるものだとされています。

 

しかし実は、最も本質的で重要な自信は、「根拠のない自信」なのです…!

根拠のない自信が本質的な自信である理由

理由は説明すると簡単なんです。

 

根拠がある自信というのは、自信の源をその根拠に依存しているということになります。

つまり、失敗が続いたりしてしまうことでその根拠を失い、同時に自信もなくしてしまう可能性があります。言い換えると、

「上手くいっているからこそ自分を信じられる」

という状態であり、あまりいい自信とはいえません。

 

反面、根拠のない自信というのは、

「ありのままの自分そのものを信じられる」

という状態です。これこそ本来の自信です。

この状態であれば、失敗したとしても自信を失うことなく、次に繋げていくことができるのです。

 

ですが、このような根拠のない自信を持っている人に「なんでそんなに自信があるの?」と聞いても、おそらく納得行く答えは帰ってこないでしょう。

私の友人にも根拠のない自信を持っている人がいますが、「俺は世界一ポジティブ人間やから!」と言われるだけです。笑

 

ではそんな都合のいい自信を、一般人の我々はどうやってものにするのか。

次に進みましょう!

根拠のない自信は、セルフイメージを高めて手に入れる

根拠のない自信を手に入れるには、セルフイメージを高める必要があります。

つまり、自分自身には価値があると自らが信じ込めるようになることですね。

 

自信を手に入れるための最も基本的な方法である「成功体験を積み重ねる」というのは、結果的にここに行き着くわけです。

ですが、成功体験を積み上げる前に最も大切なことがあります。

それは、「自分自身には価値があるとあなた自身が思い込むこと」。

この土台が最も大切なんです。

この土台ができていれば成功体験を得ることで自信が増し、またもし失敗してしまったとしても自信を失うことなく、失敗を糧に成長し前に進むことができますが、

この土台がないと、成功を積み重ねても次はダメかもしれない、失敗したらやっぱり駄目だったとなりかねないからです。

 

では、どうやって自分自身には価値があると思い込めばいいのか。

1番の方法は、あなたが人生において、やりたいと思っていること、成し遂げたいと思っていることをイメージし、あなた自身がそれを達成するのにふさわしい人間だと思いこむことです。

そのために、紙に書いて目に見える場所に張り出したり、毎日朝起きた時に必ず口にするということでも効果があります。

簡単にいえば、自分自身を暗示にかけるってことです。これを「アファーメーション(肯定的自己暗示)」といいます。

この効果が一番現れるのが朝。まだ意識がはっきりしていないので、暗示にかかりやすいのです。

トップアイドルは、何も最初から自信に満ちあふれていたわけではない

「根拠のない自信」を考える上で最も身近で参考になるのは、トップアイドルの方々です。

彼女たちの立ち振舞い、踊り、カメラへの目線、全てが自信に満ち溢れていますよね。そしてそれが本当に魅力的に映ります。

けれど、彼女たちの誰もが最初から自分を可愛くてしょうがないと思えたわけではないでしょう。学校のクラス内でとかならまだしも、彼女たちは日本一を目指しているわけですから、自分より可愛いと思える人なんていくらでもいたでしょう。

 

ですが、それでも彼女たちはファンたちに自信に満ちた魅力的な姿を見せなくてはいけません。

そのために、必ず自分に言い聞かせているはずです。「あなたは可愛い」、「あなたはいずれトップに立つ人間」と。

だってカメラに向かって不安そうな顔をしていたら、魅力的になんてなれませんから。

意外と暗示って馬鹿にできないんです。

あとはとにかく目指す道に突き進み、自分で「プロ」を名乗れるようになろう

根拠のない自信が少しずつ身についてきたら、あとは正攻法です。

さきほどあなた自身に言い聞かせた、「人生で成し遂げたいこと」のために、やるべきことに没頭して突き進むのみです。自信を持って没頭していれば、成功体験なんていくらでもついてくるでしょう。

そうして突き進んでいくと、いずれ「自分はこういう人間だ」とあなた自身が認められる肩書を手に入れることができるはずです。

この肩書は、職業や所属の部署という形式的なものではありません。あなたがあなた自身を定義できる肩書です。

例を挙げるならば、「プロ」という言葉。

定義的には、それで生計を立てていれば「プロ」でしょう。

ですが、自分自身で胸を張って「プロ」を名乗れるかは全く別の話のはずです。

 

あなたが自信を持って、人生で目的を成し遂げるために突き進み続ければ、あなたは胸を張ってプロを名乗れるようになるはずです。

そんな未来を迎えたあなたを想像してみてください。

そのあなたは、きっと自信に満ち溢れた表情をしていますよね?

 

今ここから、その未来への一歩を踏み出しましょう!私が応援しています!

RELATED POST