人間関係の心理学

自意識過剰を治したいあなたに伝えたい、一瞬で世界が変わる考え方

「まわりがどう反応してくるか気になって、行動を起こせない…」

「人と違ったことをしたら今までどおり平和にやっていけなくなるかも…」

「もしかして自分、自意識過剰すぎ…?」

 

そんな風に悩んでいるあなたに、今回は自意識過剰な意識を軽くするためのお手伝いをしたいと思います。

これって考え方さえわかれば気分が楽になるものなんですよ。

気になって仕方がない「他人からの評価」。でもそれって実は他人の主観で決まるもの

自意識過剰とは、言い換えれば、

「自分の何かしらの行動が、他人にマイナスなイメージを与えてしまうんじゃないかどうか気にしすぎてしまう」

ということですよね。

 

では、他人があなたの行動に対してどんなイメージを抱くのか。そのイメージがどうやって決まるのか考えてみましょう。

自意識過剰な人は、先程書いたとおり、

「自分の行動がどんなものか」(原因)

によって、

他人が抱くイメージが決まる(結果)

と考えているということになりますよね。

 

例えば、

自分がAという意見を言ったら(原因)他人にバカにされる(結果)

とか、

自分が流行に逆らった服装で街を歩いたら(原因)、すれ違った人に笑われる(結果)

とか。

すべて自分の行動が原因で、他人が抱くイメージが決まると思ってしまうのです。

 

では、ここで考えてみましょう。

街を歩いていると、ものすごく奇抜なファッションで目立っている人がいました。あなたは笑うでしょうか。

 

答えはどちらでもいいんです。

でも、この記事を書いている私の意見はその逆かもしれません。こう書くと当たり前ですよね?

でもおかしいんです。行動が原因で他人が抱くイメージが決まるなら、私とあなたで答えが違うはずありません。

 

そうです。反応は行動した人の活動が原因で生まれるものではなく、あくまで受け取った側の人が主観で判断するものってことです。

 

最初の例で説明しますと、

あなたがAという意見を言ったら他人にバカにされるかもしれない。

それは、「あなたがAという意見を言った」ことが原因じゃありません。その意見を聴いた他人が、たまたまAという意見に賛同できない人だったからです。

つまり、あなたはAという意見を発信することを不安に感じていますが、BでもCでもDでもEでも同じ事がありえるんです。

 

流行に逆らった服装を着たら街中で笑われるかもしれないという例も同じです。

人によっては、むしろ流行の服を着た人に対して「流行に乗っただけの個性のないつまらない人だな」と感じるかもしれませんよね。

逆に流行に逆らった目立ちまくりの派手な服を着ている人に対しても、「自分の好みを貫き通せる格好いい人だな」と感じるかもしれません。

 

行動や情報を受け取った人間が主観で判断することなんですね。

つまり、あなたがどんなことをしたって、相手の反応をコントロールすることはできないってことです。

よく聞く「ありのままの自分を受け入れよう!」とは「自分の等身大の評価を認める」ということ

自意識過剰のもう一つの特徴は、

「他人から受ける自分の評価を、等身大の自分より高くしたい」

という考えです。

 

最初から例に挙げている、「Aという意見を言ったらバカにされるかもしれない」の話で説明しましょう。

自分自身はAという確固たる意見を持っているわけです。つまり、Aという意見への反応は、良くも悪くも自分自身の等身大の意見に対しての評価なわけですよね。

これがバカにされるかもしれないと恐れるのは、

「等身大の自分を低く評価されて自尊心が傷つくのが怖い」

と言い換えることができます。

逆に言えば、今の自分が本当は70点だったとしても、自分は100点だと思いたいし、そういう評価がほしいわけです。

 

これを、今の自分が70点であるということを認めることができるようになればいいんです。

そうなれば、「なるほど、この意見にはこんな穴があったんだな」と素直に受け止めることができ、それは成長へと繋がります。

はじめから100点の人はいません。等身大の自分を認めて、失敗しても、それを受け止めて100点に近づいていけばいいんです。

他人の評価はコントロールできないんだから、自分を貫き通せばいいだけなんだ

まとめると結局ここに行き着きます。

他人からの評価というものは、その他人の主観によって判断されます。

人によってはあなたにマイナスのイメージを持つかもしれません。でも人によってはあなたのことが大好きで、尊敬の対象なんです。

そんな他人の評価・主観は、あなたが頑張ってもコントロールできることではありません。

 

つまり、あなたにやれることは1つだけ。

あなた自身が考えて、あなたが正しいと思うなら、GO。

これだけなんです。

 

もちろん、あなたが考え抜いた結果でも正しくないことはあるでしょう。

でもそんなの当たり前です。完璧な人なんてこの世にはいないんですから。

もし失敗したら、その失敗を踏み台にして進めばいいだけです。それを繰り返すだけでいいんです。

一歩ずついきましょう!

RELATED POST