自己実現を目指して

【バイトをやる意味】楽なバイトはマジでやめたほうがいい!?その理由を経験者が熱く語る!

「やっぱりバイトするなら楽なバイトがいいなぁ」

 

というあなたに。

めっっちゃくちゃ楽なバイトをやったことがある私が、その時の体験談を話してみたいと思います。

本当に楽だったんですが、決して最高ではなかったよ、むしろやるな。というそういう話です。

個人経営の小さな書店でバイトをしていた経験

私がやっていためちゃくちゃ楽なバイトというのは、個人経営の小さな書店のバイトです。

書店というのはご存知の通り、Amazonなどの台頭で利益を出すのは本当に難しくなっています。

なら、未だに街に残っている小さな本屋さんはどうやって利益を出しているのか?

 

結論から言えば、私がバイトしていた書店では利益なんて出ていませんでした。

売上は本当に少なく、仕入れなどを無視して人件費だけで計算しても余裕で赤字になるような、そんなレベルです。

その書店をやっているオーナーは実は不動産収入が主であり、それで食べていけるから趣味のようなもので書店をやっていたということです。

このように、街で「なんであの店は潰れないんだろう?」と感じるようなところがあれば、それは大抵他に収入源があるから潰れないのです。

 

さて、そこでやっていたバイトでの仕事は、入ってきた本の検品と棚出し、お客からの注文品の発注、期限が来た本の返品作業、レジ対応など。割と総合的にいろいろやります。人は多くないですからね。

ただ、検品と棚出しは開店までの約30分くらいで終了します。そしてお客様からの注文品の発注に関しても、お客様自体が少ないので30分もあれば終了します。

残りはレジですが、お客様自体が少ないので以下略。

とこんな感じで、本当に仕事が一瞬で終わり、後はお客が来るのを待っているという暇な時間が大半でした。

これでいて時給はなんと1000円弱ありました。

 

ここまで読んで、めちゃくちゃ魅力的に感じたかと思います。自分で書いてても魅力的だと思います。

ただ、こんな職場だからこその罠がいくつか存在しているんです。

楽すぎるバイトの罠①利益を出そうと頑張っていない=成長もない

最大の罠が、「つまらない」ということです。

こんなに赤字なのに、利益を出そうと頑張っていないのですから、当然業務内容に変化も革新もありません。

ただ毎日、同じことを機械的にやっているだけです。しかもかなり無意味に。

これはなかなか強烈につまらないのです。お金はもらえますが、そのための時間は本当に放り捨てているような感じで、充実感、やりがいは皆無です。しかも暇なので長く感じます。

暇な日ほど楽と感じるかもしれませんが、これが見事に逆で、暇な日ほど疲れました。その理由は次に挙げる理由も関連してきます。

楽すぎるバイトの罠②楽な職場に魅力的な人間はいない

楽すぎる職場だと他にも問題が出てきます。

それは、その楽さ故に、1人のバイトがなかなかやめず、10年プレイヤーのような人ばかりが続けているということ。

それの何が問題なのか?と思うかもしれません。ですが私はこれに問題を感じました。

 

それは、そんな成長もない、やりがいもない、ただ楽なだけの仕事をずっとやっている人間というのは、それなりにつまらない人間なんだなということです。めっちゃ失礼な言い方ですがw

でもこれは大げさな言い方でも何でもなくて、マジで会話するのすらつまらなかったんですよ。キャッチボールがまともに出来ないんです。つまらなすぎて最終的には口を開かなくなるくらいでした。笑(だから暇な日ほど辛かった)

短期でやっている学生とのおしゃべりはだいたい楽しいんですけど、長老組とはほぼ業務的なこと以外話さなくなっていましたね…w

 

また、私がバイトを初めてしばらく経ってから、いろいろ業務の改善点に気づいていくつか提案してみたことがあるんですけど、全部「変えるのが嫌だ」という理由で却下されました。

例えば、お客からの注文品を「名字のあいうえお順」に並べるようにしませんか(その方が名乗ってもらった後にスムーズに見つかる)と提案しても、今のままでも特に大きく困らないからという理由で断られたり。(順番がバラバラなので1冊1冊名前を見てチェックしていた)

単に皆ずっとそうやってきたからというただそれだけの理由で、非効率的なやり方が変化せず続いてきたのです。

びっくりしませんか?注文品が名字順に並んですらいないんですよ!?

 

そんな職場だと、初めて数ヶ月経ったくらいで、10年続けてきた人とやれることの差が見事になくなってしまいます。

もはや成長する余地がないのです。

 

そんな、業務はつまらない、尊敬できる人はいない、会話が楽しめる人もいない職場。

いくら業務内容が楽であっても、私には時間の無駄だと思えてなりませんでした。

 

結局なんだかんだで1年ほどは続けましたが、最後はこれ以上続けても時間の無駄だときっぱりやめました。

楽すぎるバイトはマジでやるだけ時間の無駄。それなら自分で稼ぐ力をつけたほうが10000倍マシです

私の結論です。

楽すぎるバイトは、時間の無駄です。まじで。

私がそのバイトから経験値を得たのは電話対応くらいなもので、これも1ヶ月やれば充分今の経験値は得られたでしょう。

結局、ずっとスライムを狩ってるだけなんです。

レベル7くらいまではスライムだけでもなんとか上げられますが、そこからはキツいというか、時間の無駄ですよね?何百体狩らなきゃいけないんだっていう。

本当に、時間をお金に変えられる以外に得るものがな〜〜んにもないんですよ。

 

それなら、私はブログやyoutubeのような発信活動を始めたほうが圧倒的に有意義だと思います。

今の時代、自分の力だけで稼ぐのはそんなに難しくなくなりました。楽なバイトで時間を無駄にするくらいなら、自分で稼げる力をつけるために時間を使ったほうがいいです。

バイトというのは、やめた瞬間に収入が途切れます。当然ですよね。しかも楽なバイトじゃその経験値すらろくに役に立ちません。

でも自力で稼げるようになっておけば、就職した後でも収入は途切れません。

どっちに時間を使うのが有意義でしょうか?もはや考えるまでもないと思います。

 

これは私の本音なんですが、

ここ数年の時代の変化(個人で稼ぎやすくなった)で、楽なバイトには本当に存在価値がなくなったと思います。

キツいバイトには今でも価値があるんですよ。経験値も大きく溜まりますし、精神面も鍛えられるので。(ただキツいというだけならもちろん価値はないですが)

でも楽なバイトをするくらいなら、私は自分で稼げるように時間を使ったほうがマシと言いたいですね。

 

今の時代、空いた時間でお金を稼ぎたいなら

  • 興味のある企業でインターンやアルバイト
  • 自分で稼げる力を身につけるための活動

これが最強かなと。

 

興味のある企業でのインターンやアルバイトはストイックなエネルギーが必要ですが、自分の好きなことをブログやyoutubeで発信するのはそんなに苦にならない…というか楽しいと思います。

このブログでもブログの開設方法を記事にしているので、さっさと始めてしまいましょう!

超簡単!1時間で有名ブログや大規模サイトと同じ環境のブログを開設しよう!さて!今回は「好きを仕事に」の第一歩。ブログの開設方法です! ここでは有名ブロガーやアフィリエイターが使っている「WordPres...
RELATED POST