自己実現を目指して

「上司がクソすぎるから仕事やめたい」という考えが大正解である理由

「あの上司、マジでクソだわ…いつも理不尽なことばっかり言いやがって…」

「毎日あいつの顔を見なきゃいけないのかと思うと本当に落ち込む…」

 

というあなたに向けて。

今回はストレートに、クソすぎる上司がいる環境なら転職を考えた方がいいよ!という話です。

理由は単純です。

上司がクソである=仕事そのものがクソになり、人生すらクソになりかねない

ここで考えてみてください。

自分の職場の上司が、自分にとって物凄く理想の上司だったら。

今あなたが抱えている、仕事への嫌悪感って、ほとんど消えると思いませんか?

 

そうなんです。基本的に仕事が楽しいかどうかというのは、業務内容よりも、仕事における人間関係が楽しいかどうかでほとんど決まるんです。

つまり、上司がクソでたまらないということは、仕事が全然楽しくなくなる最大の理由であり、それはつまり仕事という人生においての大半の時間を使うものが楽しくない=人生自体がつまらなくなる

これを縮めると、クソな上司の元で働いている→人生がクソになる

という最悪の公式を作り上げてしまうんです。

尊敬できる上司がいるということは、自分の人生の指標にもなる

よく、「大人の社会は厳しい」とか、「生きていくのは大変」といいますが、

これもほとんど、どんな人間と関わりながら仕事をしているかで決まります。まぁ正直上の言葉なんてどれだけ形式主義的なんだって話ですが。

 

賢い大人は、本質的なところさえしっかりしていれば、細かいことで理不尽なことを言ったりはしません。

そんな人の元で働けたら、仕事が楽しいのはもちろん、仕事に対する姿勢も前向きになるので、自分自身の成長速度も段違いです。

 

そしてなにより、尊敬できる上司と一緒に仕事ができるということは、自分がその場所で仕事を続けていれば、自分もいい方向に成長できるんじゃないかということが想像できますよね。

これってモチベーションを維持するためには物凄く大切なことです。

逆に、自分が働いている職場に尊敬できる人間がいなければ、自分がそこで働き続けていても、自分が正しく成長できるビジョンが全然見えませんよね。

私もまさにそういうところで働いたことがありますが、本当に時間を無駄にしているなといつも感じていました。

本当にただ時間を売ってお金に変えているだけの感覚。このまま続けることに対する恐怖。

「尊敬できる人間がいない職場で働き続けるのは、絶対にやめたほうがいい」

ということは断言できます。

他人を変えるのは難しい。なら自分を変えるべき?

上司がクソすぎて嫌になったからといって、上司の人間性をいい方向に変えるというのはとてつもなく難しいことです。というかぶっちゃけ無理です。

他人を変えるならまずは自分から。それは正しいです。

でも大嫌いな上司に向かって自分から歩み寄るというのは、それはそれでなかなか難しいことですよね。

他人に好かれるために一番必要な行動というのは、自分から好きになることです。

つまりあなたの方からクソ上司を好きになることができれば、クソ上司のあなたに対する言動が今より良くなる可能性はもちろんあります。

でもそれって、本質的に上司が尊敬できるような人間に変わることではないですからね。あくまで、人間関係を良好にする方法というだけで。

それに、クソ上司をあなたから好きになることの難しさは、今のあなたにはよくわかるはずです。

無理なもんは無理!!

私もそうでしたから。

 

つまり、そんな環境でできることといえば、クソな上司のもとでもやっていくことができるメンタルや立ち回りが身につくということくらい。これって実は大事なスキルではありますが、そんなこと長々やっててもどうしようもないんです。

 

自分を変えるのも難しいのであれば、変えられるのは環境です。

実は会社の雰囲気は100%社長で決まる。上司がクソということは、そもそも会社の経営者がよくない

さらに言うのであれば、上司がクソだということは、つまり会社自体がクソという図式が成り立ちかけていることにほかなりません。

理由は単純で、その会社を作り上げたのは経営者、つまり社長であり、クソな人間が上司になれるような環境を作ったのも、そのクソ上司を人間的に評価したのも結局は他ならぬ社長だからです。

結局、上司と合わないということはその会社の経営方針そのものが尊敬できていない状態であり、それってつまり未来がないということです。

ここまで説明してしまえば自分自身が変わることによって改善していくことの難しさが流石に伝わったかと思います。

もう一度いいますが、それなら変えられるのは環境しかないのです。

ぶっちゃけ、調査では表れなくても転職する理由で最も多いのは「上司と合わない」だと思われる

世間的に、「人間関係がきっかけでの転職はよくない」とよくいわれます。

なので、転職理由としては「自分をもう一歩上のステップに成長させたい」だとか、「自身が仕事を通じて成し遂げたいビジョンが〜〜」というものが表面には出てきます。

でも、今の会社に不満が全くないのに更に上を意識して転職するようなスーパーマンなんてそんなにいるわけがないんですよ。

みんな少なからず今の会社に不満があるから転職するのであり、そして会社に対する不満とは人間関係の不満であり、それはだいたい上司との人間関係です。

世間的には上司との人間関係が合わないから転職したいなんてどうかと思うと言われますが、結局一番多い理由ってこれなんですよ。心理学的にも、すべての悩みは人間関係に起因するといいますからね。

だから上司と合わないから転職したいという理由を全く気にする必要ないです。皆言わないだけで実はそういう理由で転職してます。あなたもいざというときは上手いこと言ってしまえばOKです。

尊敬できる上司を求めて転職するのであれば、職場の人の人間性がわかりやすい小規模の会社やベンチャー企業がいい

基本的に、大手の大企業は多くの人間を抱えているからこそどうしても柔軟性に欠けるので、厳しい社風の企業が多いです。

ではどんな会社がおすすめかというと、やはりベンチャーのような小さな規模の会社です。

 

特にベンチャーは若い人が中心となっていますから社風も若々しいことが多いですし、入る前からだいたいそこで働いている人たちがどんな感じかつかみやすいです。

しかも、ベンチャーではたいてい幅広い仕事全般をやることになるので、成長速度という意味では最強の働き方なのは疑いようがありません。

その後また転職したり、フリーランスになったり、起業したりする時のための強い武器が手に入ります。

 

もし、あなたが今、今の仕事環境に嫌気がさしていて、環境を変えたいという意志があるのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。

なんといっても彼らは転職支援のプロですから、自分ひとりでは見つけられない転職の新たな可能性を提案してもらうことができますし、自分自身の相場をはっきりさせることができるので、会社からの評価と自己評価とのブレによる転職失敗のリスクを大きく減らすことができます。

転職エージェントの利用は、相談やカウンセリングとしての利用だけでももちろんOKですから(中には数年にわたってカウンセリングを続けている人もいる)、とりあえず軽い気持ちで登録(無料)してみましょう。

ここでは転職顧客満足度1位のdodaをおすすめしておきます。第二新卒から、30代の転職にも対応していて、安定した優良企業の求人を多く扱っていますよ。

ハローワークや求人雑誌には、粗悪な案件だったり使い捨て人材の案件の募集が多く、いい転職の妨げになってしまう可能性が高いので、ぜひこういったちゃんとした転職エージェントを利用するようにしてくださいね。

dodaの公式ページはこちら

基本的に最初の就職で”天職”をつかめる人はほとんどいません。転職しなければ天職には出会えないのは当たり前の話です。アメリカの調査では転職2回の人が役員になる可能性は2%、転職5回以上だと18%以上になるのだとか。

日本では転職回数が多すぎると悪影響だといわれていますが、2回目までの転職では成功率に大きく影響がないことがデータで明らかにされています。

dudaであればこの記事で紹介したベンチャー起業の求人も充実していますから安心です。

「仕事やめたいけどやめづらい…」というクソみたいな理由で足踏みしているなら「退職代行サービス」を使って1秒で解決しよう

今めちゃくちゃ流行っているのが退職代行サービス。

なかなか自分でやめられないという方のために、退職をサポートしてくれるというサービスです。その名も「EXIT」。出口。いい名前ですよね。

この「EXIT」、なんとNHK、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞など、ほとんどの大手マスメディアにて取り上げられているというもはや超有名サービスっぷり。日本がどんな国かわかる気がしますね…w

退職代行サービス「EXIT」

このサービス、ガチですごくて、LINEで無料で今すぐ相談可能。

そしてやめようと思ったらもうその瞬間から会社と連絡取らなくていいんですよ。(自分がやめたときにも欲しかった…w)

どうやって生きていけばいいかわからない 仕事やめたい

めちゃくちゃ嬉しいサポートですよね。これって完全に日本だからこそ成り立つサービスな気がするw

「やめたいけどやめづらい…」

そう感じているなら、頼ってしまいましょうよ!!抜け出せば、いつもの景色が美しく見えるようになりますよ。
今自分に問いかけてみて下さい。「この仕事を定年までやり抜くのか?そうすべきなのか?」と。
それだけでおのずと答えは見えてくるはずです。

まとめると、「環境を変える」の1択でしかない

ここまでのことを簡単にまとめるとこのようになります。

  • 上司がクソ=仕事がつまらない=人生の時間の大半がつまらなくなる=人生がクソになる
  • 上司がクソ=クソな人間が上司になるという環境を作り上げた社長とあなたが合わない=将来性がゼロ
  • 他人を変えるのは基本的に不可能
  • 他人から好かれるには自分から好きになるのが近道→クソ上司を自分から好きになれるわけがない
  • 以上のことからクソ上司の元で働くメリットは「メンタルの打たれ強さ強化」←無意味
  • 自分から変えられるのは環境だけ。1秒も無駄にしたくないなら今すぐ逃げて次の仕事を探そう
  • 転職に使うのは求人の多さからもdodaがおすすめ
  • 仕事をやめづらくて精神的に辛いなら退職代行サービスで楽してしまおう

 

これだけはっきりしていればかなり楽な道が見えてくるはずです!

あなたの人生の時間を無駄にしないためにも、1秒でもはやく動き出してください!

クソな上司がいるなら、今すぐ仕事をやめる。これが結論です。

こう言われても、あなたは悩むかもしれません。でもやめてください。

想像すればわかるはずです。

「今から3年後、今の職場で耐え続けて、その時も今と同じようにあの上司に悩んでいるのか…?」

想像するだけで絶望しませんか?なんの有意義さもそこには無いと思いませんか?

その未来にあなたが行き着くかどうかは今ここで決まるわけです。

ここまで言えば流石に納得していただけるかと思います。さっさとやめましょうね!

RELATED POST