人間関係の心理学

苦手な人,嫌いな人と上手くやっていきたい人に捧げるテクニック5選!

「あの人のこと、本当に苦手だなぁ…」

「でも今は環境を変えるわけにはいかないし、なんとか上手くやっていくしかないんだよなぁ」

「少しでも好きになれるように、頑張ってみるか!」

 

というあなたに、今回は「苦手な人となんとかうまくやっていく」ためのテクニックを5つ紹介します!

①「私のために生きているわけじゃないから仕方ない」と思うようにする

自分の思い通りに動かない人のことを嫌ったり、うざがったりする人はやっぱりいます。

でも、人が自分の思うように動かないのは当たり前なんです。相手もあなたと同じように、その人の人生を生きているのですから。

 

現実でも創作物でも、現場や下っ端の人間と、上司、偉い人の間で認識に違いがあり、お互いが揉めているというのはよくあるシーンですよね。

現場の人は「上の人間は現場目線で見れていない!」と言い、上の人間は「現場は経営目線で見れていない!」と言います。不毛ですよね。

これと同じで、自分の目線でしか物事を見れないと、当然苦手な人や嫌いな人って増えていってしまうんです。

あなたが苦手なあの人は、あの人の自分の人生を生きています。

それを理解するだけで、人間関係は大きく前進します。お互いがお互いの人生にとってプラスの存在になることができれば、苦手意識もなくなるでしょう。

②その人の関心事に歩み寄って、好きになってもらう

「自分のことを好きでいてくれる人を嫌う人はいない」

というのは有名な言葉です。

おそらく、あなたが苦手なあの人、嫌いなあの人は、あなたのことを好いてくれてはいないのではないでしょうか?

なのであれば、あなたの方から相手の関心事に歩み寄って、好きになってもらうのが近道です。

会話を切り出すのが難しい場合は、相手の周りの物や私物を少しずつ観察して、自分が旅行や帰省したときのお土産にその関連商品をあげてみたり、小さなことからでも構いません。

もし共通点が見つかればかなりラッキーです。

相手はあなたのことを少なからず好きになるでしょうし、それであなたもあの人に対する苦手意識が一気に減るはずです。

③苦手、嫌いになったそもそもの原因を冷静に見直してみる

あなたは、なぜあの人のことが苦手になってしまったのでしょう。

一度、その原因を冷静になって見つめ直してみるのがおすすめです。

上の話と関連して、人は自分のことを好きな人であれば、基本的には嫌ったりしません。

「もしかしたら、あの時私のあの行動が原因で、あの人は私に冷たく接するようになったのかもしれない」

「自分の方から相手のことを苦手だと感じてしまって、それが相手に伝わってしまったかもしれない」

原因が自分にあったか相手にあったかは重要ではなく、お互いの関係があまり良くない方向に進んでしまった原因がわかれば、相手のことを少し理解できます。

そこからスタートするだけで、これからの関係改善のしやすさが大違いです。

④その人の家族のことを考える

映画「スタンド・バイ・ミー」で、最も有効な悪口は、相手の母親のことをネタにしたものという話がありました。

「おまえのかーちゃんでべそ!」なんていうのは漫画でよく見る代表的な悪口で、これくらいは可愛い悪口ですけど、本当にけなされたら大抵の人は物凄く嫌な気分になりますよね。

今回はその逆で、嫌な人と接する時はその人のお母さんや家族のことを想像してみよう、ということです。

「大切に育てた息子・娘が、こんなにも嫌われていたら落ち込むかな…。」

「この人も家族の前では、優しい人なんだろうな。」

そう思って少しでも優しく接しようと思えたら、関係改善に向けて大きく前進しています。

⑤実害さえなければいいと割り切ってしまう

最後の手段は、必要な人間関係だと割り切って、私情は一切挟まず割り切ってしまうことです。

これは主に職場の人間関係ですが、仕事においては誰と仲良くするか、誰が苦手か、嫌いかが重要なのではなく、きっちり仕事をこなせるかどうかが重要です。

それは相手にとっても同じで、お互いの利害が一致すれば、仕事のためにお互い協力しあわなければならないこともあるでしょう。

それで仕事ができるのであれば、職場の人間関係としては全く問題ないわけです。

もちろんそういう人間関係はつまらないし、意味を見出すことも難しいですが、実害がないならそれで割り切ってしまうのも一つの手です。

ただ、気軽に意見を言えなかったり、報連相が細かくできなかったりと、ギクシャクしていることによる害は意外にも多いもの。

上の4つの方法を参考にして、少しでも関係を改善しておいたほうが仕事もスムーズに進むかもしれません。

苦手な人、嫌いな人と上手くやっていく方法のまとめ

ここまで5つの方法を紹介してきましたが、苦手な人との関係の改善方法は、まとめて一言で言うことができます。

「自分の方から相手に寄り添い、関心を持ち、好意を持つ」

ということです。

相手のことが苦手な以上自分から好意をもつというのは難しいですから、上で紹介したように少しお土産を持っていってみるとか、原因を自分の方から見つめ直してみるとか、自分が関係を改善しようと思って行動することが大切です。

このページに辿り着いたあなたは、すでにそのような気持ちを持っているということですから、大丈夫。きっとこれから改善されていくと思いますよ!

応援しています〜!

RELATED POST