人間関係の心理学

ストレスやイライラを今すぐ解消するための癒やし方を5つ紹介!

「はぁ…ストレスたまってるなぁ」

「くっそ…イライラするなぁ」

「手っ取り早くストレス解消する方法、ないかなぁ」

 

という方に向けて、今回はストレス解消法の記事です。

ストレス解消法①寝よう!

最も手っ取り早くストレスを解消する方法の1つが、「寝る」ということです。

 

一般的に、ストレスが溜まっている状態というのは、交感神経の緊張がかなり高まっている状態です。

人間は活動時間中、交感神経が優位に働くようにできていますから、起きている限り高まった交感神経の緊張を緩めることはなかなかできません。

 

この交感神経の緊張を緩めるための最もシンプルな方法が、寝ること。

寝ることで身体は自然に副交感神経優位に切り替わるので、交感神経の緊張が緩和され、ストレスも同様に緩和されます。

これが寝ることでストレスが解消される理由です。

ストレス解消法②号泣しよう!

泣いた後は気分がスッキリするという感覚は、味わったことがある方が多いのではないでしょうか。

なぜ涙を流してストレスが解消できるのかというと、涙を流す「涙腺」が副交感神経のコントロール下にあるからです。

 

つまり、交感神経が優位の起きている状態のまま、副交感神経優位に切り替えることができる唯一の方法が「泣く」ということなのです。

一見ストレス解消に効果がありそうな「笑う」という行動よりも「泣く」のほうが効果があるのはこれが原因なんです。

 

ただし、ただ無理やり涙を流せばストレスが解消されるわけではなく、あくまで「感情が動いた結果の涙」を流す必要があります。

その方法として一番おすすめなのが、やはり自分が一番泣ける映画、ドラマ、アニメなどの作品を見ること!

自分が知っている作品だと、心が動いて泣くまでの時間も短いので、本当に即効性があります。

ストレス解消法③「ワクワクしてきた」と言ってみよう!

物事は、自分の捉え方次第で良くもなり悪くもなります。

最も簡単に効果が実感できやすいのは、今のストレスを受けている状況に対して

 

「ワクワクしてきた…!」

 

と言ってみる方法。

今自分に起こっている出来事は、あくまで自分が乗り越えるための1つの踏み台であり、すぐにこれを乗り越えて次のステージに行ってやるんだという前向きな気持ちで捉えてみましょう。

ストレスが解消されるどころか、ブワッと反骨心が湧いてくるのが実感できるはず。

「ワクワクしてきた」と口にするだけで自分を鼓舞できるので、独り言でガンガン言ってみましょう。

ストレス解消法④人と会話しよう!

人間のストレスの原因はほぼほぼ人間によるものですが、

そのストレスを癒やすことができるのもまた人間です。

ストレスが溜まったときは、パートナーと楽しいひとときを過ごしたり、友人と飲みにいったりして、できるなら吐き出させてもらうのもいいかもしれません。

「共感」は大きな癒やし効果がありますから、それだけでかなり気が楽になると思います。

 

愚痴れるパートナーも友人もいないという場合は、結構おすすめできるのがバーにいくこと。

普段はバーのカウンターなんて勇気がなくて行けないよ…という方も、めちゃくちゃストレスが溜まっていたらヤケで行けてしまいませんか?w

私も経験があるんですが、本当にいい時間を過ごすことができました。おすすめですよ。

ストレス解消法⑤セロトニン神経を活性化させよう!

さて、ここまで4つはすぐに実行できる瞬発的なストレス解消法を紹介してきました。

お次は、じっくりと、積もりに積もったストレスを消していくためのテクニックです。

それがセロトニン神経の活性化によるストレス解消です。

 

かなり世間一般に認知されてきているように感じる、「セロトニン神経」。

セロトニンといえば、「増やせばうつに効くんでしょ?」的な認識の方も多いと思いますが、

実はセロトニン神経を活性化させて得られるメリットはそれだけではありません。

  1. 頭がスッキリし、
  2. 身体も元気が出て、
  3. 心は安定し、
  4. ストレスや痛みに強く、
  5. 姿勢を維持する筋力を引き締めてくれる

と、まさにメリットだらけ。

日常で少しセロトニンを意識するようにするだけで充分に活性化させることができるので、その方法をここで抑えておきましょう!

①太陽の光を浴びる

よくお医者さんが「規則正しい生活をしなさい」と言うのは、実は太陽の光を浴びる生活リズムをしましょうという意味が含まれています。

今でこそ人工的な光があるから昼夜逆転の生活も可能になっていますが、もともと人間は太陽が昇っている間に活動し、沈んだら寝るという生活サイクルに合わせて身体ができています。

ですから、朝に太陽の光を浴びることは人間の身体に、未だに重要な意味を持っています。

朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を部屋に取り込み、できることなら通勤や散歩で太陽の光を30分程度浴びることで、最も効果的にセロトニンを活性化させることができます。

なんとこの「太陽光を浴びる」という方法は、7割近くのうつ患者の症状改善にも効果があるそうですよ。

②リズム運動をする

もう一つセロトニン活性化に有効だとされているのが、リズム運動です。

これは別にダンスをしろというわけではなく、リズム運動といっても方法は様々。

ウォーキングやジョギングはもちろん、腹式呼吸での深呼吸や、食べ物を咀嚼することも立派なリズム運動になります。なのでガムを噛んだりするのもおすすめです。

セロトニン活性化のために必要なリズム運動の時間は、1日5分~30分程度でOK。

これなら日々の生活のいたるところでやっていることを「リズム運動」と意識するだけでかなり変化があるのではないかと思います。

継続することでより効果が出てくるので、できる限り習慣づけて続けるようにしましょう!

③セロトニンの生成に必要なトリプトファンを摂取しよう!

セロトニンを活性化させるためには、光を浴びるだけでなく、

体内にセロトニンを生成させるための原料になる必須アミノ酸、クリプトファンを摂取しておく必要があります。

このトリプトファンが多く含まれる食べ物が、

  • 豆乳、味噌などの大豆製品
  • ヨーグルト、牛乳、チーズなどの乳製品
  • バナナなどのフルーツ

などです。

よく、うつにはバナナが効くと言われるのはこれが理由なんですね。

ただバナナに含まれるトリプトファンは少なく、食事もトリプトファンを意識して取るのは正直大変です。

なのでトリプトファンはサプリで効率よく摂取するのがおすすめ。

セロトニン活性化のメンタルケアサプリメント

ストレス解消の方法まとめ

ストレス解消法のまとめです!

  • 交感神経優位から副交感神経優位に切り替えることが大事。
  • そのために最も有効な方法は「寝ること」。
  • 起きたままで副交感神経優位にするためには「感情的に泣くこと」。
  • 人と会話して共感してもらったりするのもストレス解消に有効。
  • 朝日をちゃんと浴びて、トリプトファンを摂取する。

以上です!

あなたが少しでも笑顔になれますように…!

RELATED POST